PICニュース

太平洋諸島フォーラム事務局長のPIC訪問、在京ミクロネシア大使との意見交換会
投稿日時: 2017-05-09

5月3日から横浜で開催されたアジア開発銀行(ADB)の年次会合に参加するため来日したメグ・テイラー太平洋諸島フォーラム事務局長一行は、2日、PICを訪問、斎藤所長よりPICの活動と共に2017年度の活動方針について説明しました。テイラー事務局長からは、太平洋諸島の産品を日本市場へ拡大させているPICの活動を認識するとともに他のPacific Trade and Investment (PT&I) ネットワークと協力し太平洋諸島のビジネス促進に向けてより良い結果につながるような活動を引き続き進めて欲しいとのコメントをいただきました。

 

また、ジョン・フリッツ在京ミクロネシア連邦大使、フランシス・マツタロウ在京パラオ大使、アネット・ノート在京マーシャル諸島臨時代理大使(参事官)を招待し、ミクロネシア三国に対するPT&IネットワークならびにPICの活動について意見交換を行いました。各国大使からは、地域内や日本との間の労働市場の自由化や漁業交渉をめぐる問題、地域内での航空ルートをめぐる動きなどについての話がありました。フリッツ大使からは昨年発刊したミクロネシア連邦の投資ガイドブック日本版について、マツタロウ大使からはパラオ政府観光局とPICによる日本での観光促進に向けた協力関係について、またノート臨時大使からはホンダの電気自動車の社会実験や、この3月に実現したマジュロでのリヤカー工場設立に対するPICの尽力について、それぞれ高く評価する旨のお言葉をいただきました。