太平洋諸島ニュース

【マクロ経済・社会動向】  
ロンズデール大統領急死(バヌアツ)
投稿日時: 2017-07-03

6月9日夜ロンズデール(Baldwin Lonsdale)大統領が緊急入院したが、当日深夜逝去した。死因は心臓病だといわれる。67歳であった。北部Banks Islands出身の同大統領は公務員を経てアングリカン教会の神父になった。2014年9月選挙人団の8回の投票で大統領に選出され、憲法を尊重する姿勢で国民の平和、統一、正義、調和を図ってきた。2015年3月の巨大なCyclone Pamと10月の閣僚の半分が汚職容疑で逮捕される異常な事態に大統領は毅然と対応し、2016年1月議会を解散させ総選挙を実施して汚職にまみれたキルマン内閣を追放して、大幅な政治改革を実施した。サルワイ(Charlot Salwai)首相は服喪の日程を発表するが、政府関係者は当然国葬が行われると述べている。((RNZI/ June 17, 17)