太平洋諸島ニュース

【マクロ経済・社会動向】  
太平洋数島嶼国がEUの税金逃避国リストにあがる(太平洋地域)
投稿日時: 2018-02-05

EUは昨年末に税金逃避(tax haven)国として17ヵ国を発表したが、うち非協力国(non-cooperative jurisdictions)として挙げた9ヵ国の中に、太平洋地域から米領サモア、グアム、マーシャル諸島、パラオ、サモアの6ヵ国・地域が含まれている。また特別監視が必要とする国・地域に、バルバドス、グレナダ、韓国、マカオ、モンゴル、パナマ、チュニジア、アラブ首長国の8ヵ国を挙げている。EUは、今後ブラックリストに掲げられている国が態度をかえないかぎり、防衛策を講じるとしている。なお、2017年にはバーレーン、ナミビア、セントルチア、トリニダド・トバゴが対象国として追加されている。(RNZI/ Jan.24, 18)