PICニュース

投稿日時: 2016-12-26

12月26日(月)~1月4日(水)まで、明治大学紫紺館閉館の都合により展示室は閉室となります。なお、当センターは12月28日(水)~1月3日(火)まで年末年始休暇となります。

ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


投稿日時: 2016-12-13

1996年10月1日に産声を上げた太平洋諸島センター(PIC)は、お陰様で20周年を迎えることができました。これもひとえに、これまで温かく見守りご協力をいただいた関係者の皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

先日12月6日、皆様への感謝の気持ちを込め、明治大学アカデミーコモン会議場において20周年設立記念式典を開催いたしました。当日はパラオのレメンゲサウ大統領をはじめ、国内外の政財界の皆様を中心に200人を超える方々が駆けつけてくださいました。


式典では斎藤所長の挨拶に続き、来賓祝辞として、小田原潔外務大臣政務官、古屋圭司日本・太平洋島嶼国友好議員連盟会長、イシケリ・マタイトンガ駐日フィジー大使(太平洋島嶼国外交団長代行)、土屋恵一郎明治大学学長よりありがたいお言葉を賜りました。


会場にはPICで紹介している太平洋諸島の産品をはじめ、ばーちゃわーるど社さん作成による太平洋島嶼国のシンボルを3Dプリンターで作成した作品の展示やミクロネシアの離島を中心に美しい自然を紹介する写真家の道城征央氏の作品展示なども行われました。


レセプションの途中では、キモノプロジェクトプロデュース、協和海運株式会社協賛による日本・太平洋諸島キモノコレクションが行われ、パラオ、フィジー、パプアニューギニア、ツバルをイメージした着物が紹介されました。


ご出席いただいた皆様からは、「20年前に設立した当時は、これだけ多くの方々が関わるような機関になるとは夢にも思わなかった。今後も日本と太平洋諸島のビジネス拡大に向けて一緒に協力していきたい。」というお言葉をいただき、次の10年に向けて職員一同より一層精進していくことを改めて決意いたしました。

※なお、当日は第21回PIC懇談会も開催されました。その模様についてはこちらをご覧ください。

 

 ​


投稿日時: 2016-12-13

12月6日、明治大学アカデミーコモン会議場にて第21回Pacific Islanders Club懇談会を開催しました。

はじめに、PICインターン生のメアリー・ヘレン・モリ・タマエ(愛称オマモリ)とオオウエ・リサ・マリアナ(愛称リサ)よりミクロネシア連邦の観光をご紹介するプレゼンテーションを行いました。二人は、国際協力推進協会(APIC)のザビエル奨学生として来日し上智大学で学んでいます。今回はチューク州とポンペイ州のおすすめポイントを中心に、両州の魅力を伝えてくれました。


後半は、内閣府国際平和協力推進本部事務局長の宮島昭夫氏をお迎えし、小林泉太平洋協会理事長より太平洋諸島と日本の外交をテーマにお話を伺いました。宮島事務局長は1999年より2年間にわたり、大洋州課長を務められ、その間、第二回太平洋・島サミットを開催に導くなど、日本の太平洋諸島外交をより活性化させたキーパーソンとして広く知られています。とりわけ「太平洋・島サミット」という言葉の生みの親としても有名です。今回は、当時の思い出とともにこの20年間で日本と太平洋島嶼国をめぐる国際秩序の変化と今後の島嶼国外交への展望について語っていただきました。

※なお、本懇談会終了後に太平洋諸島センター設立20周年記念式典を開催しました。その模様についてはこちらをご覧ください。

  


投稿日時: 2016-11-24

11月17日、日本企業とのビジネスの打ち合わせ並びに現地視察のため来日したマーシャル諸島共和国のアルフレッド・Jr・アルフレッド資源開発大臣を表敬訪問し、日本とマーシャルとの間のビジネス促進に向けた意見交換を行いました。

アルフレッド大臣は日本の国費留学生OBで、駐日マーシャル大使館次席を務められてきたため、日本のビジネスに精通している数少ない太平洋島嶼国出身の大臣です。今回の来日もマーシャル諸島の豊富な漁業資源やココナッツオイルなどを利用して、日本の企業の持つ技術力を導入したジョイントベンチャーの可能性について検討することが目的で、静岡県の焼津や仙台を訪問されました。
アルフレッド大臣からは、日本市場のニーズに合わせた産品輸出を積極的に進めるため、日本で開催する貿易展示会や観光促進フェアなどにPICと協力して参加していきたい旨の発言がありました。また、来年前半には日本へマーシャル諸島の企業ミッションを派遣し、日本の企業との交流を進めたいという計画も明らかにされました。
PICとしても本年2月に職員を派遣しビジネス促進セミナーを実施したきたことを示し、今後もマーシャル諸島政府と協力して多くの貿易・投資の機会を拡大させるプロジェクトを進めていく旨約束しました。

  


投稿日時: 2016-11-24

明治大学とPIC共催のオープン講座「太平洋諸島の歴史と文化」が明治大学駿河台キャンパスのアカデミーコモンにて3回にわたって開かれました。

この講座では黒崎副所長が講師を務め、毎週メラネシア・ポリネシア・ミクロネシアの自然と歴史を取り上げて、それぞれの地域の国々の近代史なども織り交ぜながら講義を行いました。毎回20名ほどの受講生たちが積極的に講義に臨み、太平洋島嶼国のユニークな自然や文化について学びました。