Topics

投稿日時: 2013-01-29

2013年2月27日(水)第11回Pacific Islanders Club懇談会を開催します。

どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお申し込みください。

詳細はこちらをご覧ください。


投稿日時: 2013-01-28

1月17日、パラオのレメンゲサウ新大統領が就任式を行い、日本からは鈴木俊一外務副大臣が出席した。

(外務省発表)http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/fuku/suzuki/palau_20130117.html

鈴木副大臣は、パラオ訪問後にミクロネシア訪問も予定していたが、アルジェリア人質事件対策の指揮をとるため急遽帰国した。


投稿日時: 2013-01-23

フィジー共和国では次期総選挙(国会議員選出選挙)の準備に向けて国をあげて動き出しております。今般、フィジー大使館より、総選挙で使用する投票箱等の選挙事務用品についての関心表明書(EOI)が公開されました。
つきましては、御関心のある企業関係者の方々は、下記のホームページの情報を御確認下さい。また詳細につきましては、フィジー大使館までお問い合わせ下さい。

http://www.fijiembassy.jp/news/13/20130118.html

問い合わせ先:在京フィジー大使館(担当:ケレラ・ライト書記官)
Kelera R.S. Wright (Ms), Second Secretary,
Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo.
Email: rakavosa@fijiembassy.jp,
Website: www.fijiembassy.jp


投稿日時: 2012-12-11

こんにちは。
相馬前所長から引き継ぎ、12月1日に新しく当センターの所長に就任しました小川和美と申します。
私が太平洋の島々にはじめて関わりを持ったのは1988年のことでした。それから今日に至るまでの半分以上の月日を太平洋の島々で過ごしてきました。その間、政府の人たちから、商売をしている人たちから、そして村に住む草の根の人たちから、いつも感じさせられていたのは、日本に対する熱い視線でした。日本からもっと観光に来てほしい、日本と商売をしてみたい、日本からだれか投資してくれないだろうか・・・・そういう言葉を何度となく聞かされされてきました。
太平洋諸島センターは、まさにそうした声に応えるために、1996年に設立された国際機関です。このたび縁あってセンター所長の仕事を拝命したことは、私自身にとっても大きな転機であり、これまで二十余年にわたって太平洋のあちらこちらで積んできた様々な経験を活かして、日本と太平洋の人々に恩返しをする大きなチャンスだと思っています。と同時に、太平洋の島々への関心が高まる中で、日本と太平洋諸国を繋ぐ大切な機関に奉職した責任の重さも痛感しています。
まだまだ力不足ですが、経験豊富なスタッフたちとともに、諸先輩が切り拓かれてきたセンターの活動をさらに発展させられるよう努めてまいる所存です。皆様には引き続き御指導御鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。


投稿日時: 2012-11-13

PICのパートナー”太平洋諸島フォーラム”事務所より「ソロモンの”MakEast Pacific Seafood"社からソロモンにおける、漁業推進の為、漁船、巻き上げ機械、冷凍庫等の設備投資支援の投資先を探しています。豪州には適当な企業が見つからないため日本側に候補はいないか探して欲しい」と、問い合わせが入っています。

MakEast Pacific Seafood社

もし、本件に関心御持ちの方は、太平洋諸島センター(電話:03-5259-8419)へ御連絡をくださいませ。