太平洋諸島ニュース

【中国・台湾進出動向】  
投稿日時: 2017-09-11

FBCニュースの報道によると、政府は中国から合計200台の消防車と救急車の供与を受ける話し合いを行っている。(RNZI/ Aug.30, 17)


【マクロ経済・社会動向】  
投稿日時: 2017-09-04

地球温暖化問題で活躍したトニー・デブルム(Tony de Brum)前外相がマジュロの病院で72歳の生涯を終えた。パリのCOP21会議での活躍は「気候変動大使」として世界的に評価された。ビキニ環礁での米国核実験当時、風下にあたるリキエップ(Likiep)環礁で育った同氏は、核の被害や影響について, 国連や米国議会での聴聞会で証言を続けてきた。長年の核実験反対運動でノーベル平和賞の候補にも挙がった。(RNZI/ Aug.24, 17)


【マクロ経済・社会動向】  
投稿日時: 2017-09-04

ピーター・クリスチャン大統領は、南太平洋観光機関(SPTO-South Pacific Tourism Organization)との会談で、現在の地域間航空協定は観光客増加につながらないと述べ、中国人観光客増加に向けた対策を検討すべきだと要請した。SPTOのChris Cocker会長は、FSMは新興市場として豊富な潜在性を有しており、観光資源と環境保護をバランスよく開発していく必要があると述べている。太平洋諸島を訪れる年間観光客数は約400万人、うちFSMへの観光客数は約24,000人にすぎない。(RNZI/ Aug.23, 17)


【マクロ経済・社会動向】  
投稿日時: 2017-09-04

入管・国籍管理局(The Immigration and Citizenship Authority) は、中小企業(SME)が雇用する外国人の入国ビザ申請および労働・居住ビザの延長を停止した。かねてから、議会および国民の間で、国民に限定されたビジネスに外国人の参入が増え、また、従業員を自国民のみと制限している中小企業にも外国人の雇用が増えていることに、関係者の間で関心が高まっていたものである。ビザ停止後の措置について、入管は関係機関と協議して今後の対応策を検討していくことにしている。(Post Courier/ Aug.14, 17)


【マクロ経済・社会動向】  
投稿日時: 2017-09-04

8月25日、ヤザキ工業操業最後の日となり、700人の従業員が職場を去る。工場跡地にはニュージーランドのパーキング・メーターやパトカーに使われる線材を製造するFero社が進出する。操業は11月になるが、2年以内に200人の従業員を雇用し、ヤザキで働いていた熟練労働者を採用する意向を示している。また、Samoa’s Sleepwell Internationalも同じ跡地でベッドおよび家具製造工場を建設する計画を発表している。(RNZI/ August 25, 17)