太平洋諸島ニュース

【中国・台湾進出動向】  
投稿日時: 2011-10-27

 (マーシャル諸島) 
今年初め台湾は23件のインフラ整備のため、175万米ドルを供与しているが、その一環として10月22日台湾がマジュロ環礁ローラ地区に建設する船渠の地鎮祭が行われた。台湾との外交関係は21年目を迎え、在マジュロ台湾大使は両国関係強化に一層の努力を約束した。
(Yokwe/ Oct.27, 11)


【環境・観光開発動向】  
投稿日時: 2011-10-20

 (パプア・ニューギニア) 
先週、マダンでDash 8 旅客機が墜落し、4人が生存、28人が死亡した事件があったが、2000年1月1日以来116件の航空事故があり、うち51件が墜落事故となっている。この件数は「航空安全基金」の統計であるが、最近では、2009年にココダでPNG航空のDHC-6, Twin Otter 300が墜落し、13人が死亡している。
(Post Courier/ Oct.20, 11)


【マクロ経済・社会動向】  
投稿日時: 2011-10-19

 (パプア・ニューギニア) 
EUは、教育や訓練等の人材育成計画を引き続き実施していく。2003年以来、EUは教育部門に8,890万米ドルを供与してきており、今回の供与額は1,730万米ドルである。資金は教育制度施行能力向上、基礎教育の個別指導、講義準備事務などのほか、教員の能力向上にも支出される。
(Post Courier/ Oct.19, 11)


【中国・台湾進出動向】  
投稿日時: 2011-10-18

 (フィジー) 
中国の新華グループ(Xinfa Group)とChina Nonferrous Metals Industryの2社の社長と副会長がバイニマラマ首相と会談し、フィジーで開発中のボーキサイト鉱山の現状報告と、Dust Board 工場の建設案を提示した。Xinfa Groupは中国でdust board製品の60%のシェアをもっている。
(Fijilive/ Oct.18, 11)


【マクロ経済・社会動向】  
投稿日時: 2011-10-17

 (フィジー) 
中国の天光グループ(Tianguan Group)とZhongju Natural Gas Corporationを経営する社長がバイニマラマ首相と会談し、キャッサヴァから年間20万トンのエタノールを生産する案件について関心を示した。12月に再度来訪して案件を検討する。天光グループの資産は6.11億米ドル、年間売上高は2.66億米ドルである。
(Fijilive/ Oct.17, 11)