Pacific Islanders Club とは

Pacific Islanders Clubとは、太平洋島嶼国に親しみを抱く友人として、日本と太平洋島嶼国との友好・親善、経済協力、投資、貿易、観光の促進を図る仕事に携わる人々が所属組織や肩書きに関係なく、メンバー間が相互に情報提供を行いながら、太平洋島嶼国との協力関係の強化を目的として結成された団体です。太平洋諸島センターはPacific Islanders Clubの事務局を担っております。

本クラブの中心的な活動として、「Pacific Islanders Club懇談会」を年3回、四半期ごと(2月・5月・11月を目途)に開催しております。懇談会では、太平洋島嶼地域に長年関わってこられた有識者(大学教授・外交官・企業関係者など)をパネラーとして招待し、現在太平洋島嶼国で話題になっているテーマ(観光促進、環境問題、貿易投資政策、各国の政治概況など)にもとづいて最新の状況についてお話しを伺います。また、懇談会に引き続き、懇親会を開催し、参加メンバーで意見交換を行っております。

太平洋島嶼国との友好・親善、経済交流に関心のある方なら誰でも参加できます。多くの皆さんにメンバーになっていただくことを心よりお待ち申し上げております。

Pacific Islanders Club 通信

投稿日時: 2010.02.10

  1. 終了しました

  2. 第2回講演録

  3. 日時: 2010年2月26日(金) 午後6時30分-8時

    場所: 明治大学 紫紺館4階会場

  4. 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-22-14

     電話:03-5259-8419

    (なお、「太平洋諸島センター」は、紫紺館の1階にございます。)

     

  5. スケジュール:

    18:30-18:50: 基調講演:「ミクロネシア地域の動静」

               (小林 泉 太平洋諸島地域研究所理事)

    18:50?19:30: パネル・ディスカッション

    パネリスト: 司会進行 小 林 泉 (太平洋諸島地域研究所理事)

                   ミノル・ウエキ (在京パラオ共和国大使)

                   上原 伸一(国士舘大学大学院客員教授)

    19:30?20:00: 懇談

     

  6. テーマの詳細:「ミクロネシア地域の動静」

     

    <日本とミクロネシア>

     忘れてはならない歴史的関係

     1)日本統治約30年、文化として根付く日本の影響

     2)消えゆく日本語世代

     3)今に受け継がれる日本人の血・日系人約2割の存在感

     4)未だ完全には消えない戦争の傷跡

     

    ? ミクロネシアの国々の今

     1)自由連合国家として国家建設の途上

       パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、それぞれの自由連合協定 

     2)小さな島国の国作り

       その他のミクロネシア、ナウル共和国・キリバス共和国事情

     3)ミクロネシア域内諸国の協力関係

     

    ? 日本にとっての国々の魅力と諸問題

     1)地域協力関係の構築が望まれるパートナーとして

     2)事業展開(開発投資・貿易・その他)のパートナーとして

     3)日本人の観光地、リゾート地として

     

  7. 会費: お一人様 1,000円(受付で徴収させて頂きます。)

     

  8. その他:

    懇談会には、何方様も自由にご参加いただけます。参加をご希望の方で、ご意見のある方、また、当日、お聞きになりたいことなどがあれば、ファックス(03-5259-8429)、またはメール(info@pic.or.jp)にて事前に事務局までお知らせ下さい。