​​​観光情報

観光情報一覧
 
 

ヴァヌア・レヴ

ヴァヌア・レヴ ヴァヌア・レヴとは「大きい土地」の意味で、330を超えるフィジー共和国でヴィチ・レヴ島に次ぐフィジー第2の島。その面積5,538㎢はヴィチ・レヴ島の約半分で、フィジーの全人口約80万人の18%が生活している。

ヴァヌア・レヴ島にはランバサとサヴサヴの2つの町に空港があり、その周辺を除いては、まだ自然がそのまま残されており、人々の多くは素朴な生活を営んでいる。

 

ランバサ

島の北部中央に位置するランバサは、インド系フィジー人を中心に約27,000人が生活する。ヴァヌアア・レヴ島の行政の中心であり、100年以上の歴史を持つ砂糖精製業はラウトカに次ぐ生産量を誇っている。
ランバサの町は、東側を蛇行して流れるランバサ川に頭を包まれるような形をしており、中央をナセクラ・ロードが真直ぐに延びている。通りに平行してサトウキビ運搬鉄道が走っていて、川の向こう1.5kmには砂糖精製工場がある。
川の手前にバス・ターミナルがあり、そこからナセクラ・ロード沿いの長さ700~800mがいわゆるダウンタウンと言われる一角になる。左右には銀行や郵便局、航空会社、スーパーマーケット、レストランが並び、日中は人通りが絶えることはない。

サブサブ

サヴサヴはランバサと反対の南部中央に位置するヴァヌア・レヴ島の第2の町で人口7,000人。この町が注目されるようになったのは、町のあちこちから温泉が出たことによる。サヴサヴからその東に位置するタヴェウニ島にかけて、海岸線の美しさとダイビング・スポットの豊富さがダイバーを惹きつける。

ランバサとサブサブへの行き方

パシフィック・サン(Pacific Sun, Tel:672-3016)が、ナンディ~ランバサ間に毎日3便、サヴサヴ間に2便運航しているほかスヴァからランバサへの便もある。フィジー航空(Air Fiji, Tel:331-3666)が、スヴァ~ランバサ間に毎日6便、サヴサヴ間に2便、また、ナンディ~ランバサ間に2便、サヴサヴ間に2便運行している。サヴサヴとランバサ間はハイウエイ・バスで約3時間、毎日4本運行している。

タヴェウニ島

フィジーで3番目に大きなタヴェウニ島は、ソモソモ海峡を挟んでヴァヌア・レヴ島の東9kmに位置する。別名ガーデン・アイランドと呼ばれる緑の濃い島で、縦が約42km、幅が約10km、12,000人が生活している。

タヴェウニ島の中心は西側中央より少し北にあるソモソモ村で、この村の首長が伝統的宗教の上ではフィジーで一番偉いという。また、ソモソモ村の南を子午線が通っており、本来の日付け変更線を示す碑と看板が立っていることでも知られている。

タヴェウニ島は典型的な火山島で、中央に1,000mを超す山が2峰。一つは1,241mのMt. Uluniqalauで、ヴィチ・レヴ島のMt. Victoria(1,323m)に次ぐフィジー第2の高さを持つ。南東からの卓越風がこの稜線に遮られて島の東側に多量の雨を降らせ、青々と豊かな植物で覆われたフィジーで最も肥沃な土地を作り出している。19世紀の初めにヨーロッパ人が、この島に進出して大規模な綿花栽培を行ったのも、土地が肥沃で良質の綿花を産出したからであった。綿花の市場価格の暴落によって、サトウキビ農園に転換したが、湿気が多いことから失敗に終わっている。今はコプラ農園と観光が主産業となっている。

タヴェウニ島への行き方

タヴェウニ島の空港は島の北側にあるマテイ空港(Matei Airport)だけであり、ソモソモ村までタクシーでF$12.00ほど。パシフィック・サンがマテイ~ナンディ間に毎日2便、マテイ~サブサブ間に2便、マテイ~ランバサ間に1便を運行している。フィジー航空がマテイ~ナンディ間を毎日1便、マテイ~スヴァ間を毎日2便、マテイ~サブサブ間を1便、運行している。マテイ~ナンディ間の所要時間は約1時間30分、スヴァ間が約55分。

フィジーの国花タンギモウジア

幻の花と言われるフィジーの国花タンギモウジア(Tangimoucia)を見ることができる唯一の場所がタヴェウニ島にある。島の中央、標高823mにあるタンギモウジア湖の周りには、9月の終わりから12月の終わりにかけて小さな鐘型をした赤い花びらの、その中心部が真っ白な花が咲く。この湖には、ソモソモ村から山に入り、熱帯の多雨林の中を約3時間、時として湖の回りは泥が深く膝まで浸かることがある。この花にまつわる話しは数多く残されており、村人に話を聞くのも興味深い。

ヴァヌア・レヴ島のホテル&リゾート

グランド・イースタン・ホテル The Grand Eastern Hotel

リノベーションを終えた全24室の近代的なホテル。ビジネス客も多く、大型コンファレンス・ルームも完備。ランバサ川河岸にあり、遠方の山々の下に広がるサトウキビ畑の景色はすばらしい。バス・ターミナルに近く、交通も便利。

TEL:679-881-1022/FAX:679-881-4011

ランバサ・リバービュー・プライベート・ホテル Labasa Riverview Private Hotel

経済的なホテル。部屋は快適。一部の部屋には台所が付いている。市中心部から徒歩5分と近いが、リラックスした雰囲気が味わえる。

TEL:679-881-1367/FAX:679-881-4337

サヴサブ・ホットスプリング・ホテル Savusabu Hotspring Hotel

町中心部から遠くない高台にある。客室からサヴサヴ湾が眺められ、部屋は快適、広々としたデッキのあるプール、バー、レストランも併設。

TEL:679-885-0195/FAX:679- 885-0430

ビーチカマーズ・ドリフトウッド・ヴィレッジ >Beachcomber’s driftwood Village

静かな環境の下、快適なリゾート。客室はドミトリーからキッチン付きのブレまである。マリーン・スポーツ各種の手配が行える。

TEL:679-885-0046/FAX:679-885-03354

オヴァラウ島とレヴカ

ヴィチ・レヴ島の東、約10kmの洋上に浮かぶオヴァラウ島は面積101平方kmを有するフィジー第7の島。起伏の多い火山島で中央部東には海抜626mのMt. Nandelaiovalauが尖った先端を見せている。楕円形をした島の東側中央に位置する人口4,000人の町レヴカは、かってフィジーの首都であった。行政上はオヴァラウ島はその北東にあるコロ島、南東にあるガウ島と共にロマイビチ・グループ(あるいはセントラル・グループと呼ばれる)に属している。
経済面では、首都の移転と共に衰退が続いた。1964年、日本の支援を得て町の外れにある埠頭に缶詰工場が建てられ、日本や韓国、台湾の遠洋漁業の貯蔵基地としても利用されるようになった。1989年にオーストラリアの援助を得て工場を含む埠頭の再開発が行われ、現在ではフィジー政府、台湾資本も入った米国系企業となっており、従業員1,000人以上を雇用し、ツナ等の缶詰、冷凍魚、ドッグ・フード等を製造し、その輸出額は砂糖、観光、金の採掘に次ぎ、フィジーの重要な産業になっている。
オヴァラウ島へは、島の南西にあるブレタ空港とナウソリ空港を結ぶ定期便が毎日2便あり、飛行時間は15分、往復の料金はF$64.00。あるいは西部中央にあるブレサラ港と対岸のナイトビを約1時間で結ぶフェリーがある(料金F$25.00)。フェリーは日曜日を除き1日1便。空港からレヴカへは、ミニバスかタクシーで約1時間、料金はミニバスがF$3.80、タクシーでF$30.00ほどだ。

レブカを歩く

レヴカの町の建築物の多くは1888年と1905年のハリケーンの直撃で破壊されたが、旧首都の面影を残すいくつかの建築物が残っている。町の外れにある桟橋から南へ10分ほど歩いた海沿いに白い碑がある。1874年に英国の植民地となったことを記すもので、領土引渡しのサインをした場所(Cession Site)である。その向かいには、1869年に建てられた旧総督の館と1870年、1970年に建てられたレヴカの地方議会がある。

桟橋から北に向かうと、現在のレヴカの中心となる。ビーチ・ストリートに沿って北に行くと、1868年に建てられたモーリス・ヘドストロム商会がある。現在はレヴカのコミュニティー・センターとなっており、博物館と図書館が併設されている。その先200mには、1858年に建てられたセイクレッド教会がある。現存する最古の建物だ。その裏には1891年に開校し、現在は小学校になっているメリスト女子修道会と警察署(1920年)があり、その西側に1879年、フィジー人のために開設されたレヴカ・パブリック・スクールがある。

ビーチ・ストリートをさらに北に行くとトトンガ・クリークがある。手前に小さなホテルが2軒あり、その先に1870年代に建てられたロイヤル・ホテルがある。クリークを渡って左にカーブしている道を進むとタウン・ホール(1898年建築)とオヴァラウ・クラブ(1904年建築)がある。ビーチ・ストリートをさらに200mほど進むと右手に戦争記念碑が建っている。第1次、第2次世界大戦で亡くなった地元の人々を顕彰するものである。その先には、1869年に建てられたレヴカ・メソジスト教会がある。

レヴカのホテル&リゾート

ザ・ロイヤル・ホテル The Royal Hotel

伝統のあるフィジー最古のホテル。古き良き時代が偲ばれるホテルで、室内は掃除が行き届いて清潔だ。15の客室のほかにコテージとドミトリーがある。ホテルのバーとビリヤードはゲストのみが利用できる。

TEL:679-344-0024

オバラウ・ホリデー・リゾート Ovalau Holiday Resort

レブカの町から北に3~4kmほど離れた小さなリゾート。湾に面していて、小さいながらビーチもあり、シュノーケリングやカヤックが楽しめる。リゾートのオーナー一族は、町でカフェ・レブカを経営している。

TEL:679-344-0329

レヴカ・ホームステイ Levuka Homestay

客室数4室(内3室はエアコン付き)のこじんまりした快適なホテル。建物は新しく、最上階にある共有スペースからの海の眺めはすばらしい。食事も美味い。

TEL:679-344-0777/FAX:679-344-0777