​​​観光情報

観光情報一覧
 
 

首都マジュロ

マジュロ環礁は57の小島が100kmにわたってつながる細長い楕円形で、その約半周に及ぶ50kmが舗装道路で結ばれ、1つの長い島をかたどっている。 島の幅はもっとも広いところでも2kmしかなく、最高地でも海抜6mしかない。

マジュロには約2万4,000人の居住者がいる。環礁の北東部に、首都マジュロの中心地である3つの島、すなわちダリット(Darrit)、ウリガ(Uliga)、デラップ(Delap)、の頭文字をとってD.U.Dと呼ばれる地区がある。 空港からD.U.D方向(東)へ8kmほどのところに、ブリッジ(橋)がある。これは、マーシャル諸島共和国内にある唯一の橋である。

デラップ地区はマジュロ橋を越えた辺りから始まり、この地区には、政府機関や議事堂、病院などの中途機能が集中している。またデラップ・ドック(港)は離島への定期船やコプラ回収船の母港であり、大きな貨物船や客船も入港できる規模と設備が備え付けられている。

ウリガ地区は、ダウンタウンとも呼ばれるマジュロの中心地で、一番賑やかな地区だ。ホテルやレストラン、ツアー会社やスーパーマーケットが集まっている。ウリガ地区にはデラップ・ドックより一回り小さい港(ウリガ・ドック)があり、ここには日本からのマグロ漁船が入港する。

ダリット地区のことをローカルの人はリタと言い、舗装道路の北端にある集落だ。ここは主に住宅街となっており、観光客が出掛けることは少ない。ちなみに空港からリタの端(道路の終点)までは約17kmある。

 

マジュロ中心部空港からブリッジ(橋)までの区間はロングアイランド地区で、ここには日本大使館、アメリカ、及び台湾などの大使館がある。

空港を西へ進んで、環礁の南西部へ行くとローラ村があり、道路もここで終点となる。ローラ村には伝統的で素朴な暮らしがあり、19世紀の終わりにこの環礁を「太平洋の真珠の首飾り」と呼んで愛した「宝島」の筆者ロバート・スティーブンソンの気持ちが理解できる。

 

空港からのアクセス

空港から主要ホテル間は、ホテルの無料シャトルバスを利用できる。タクシーの場合はマジュロの中心街まで30分で$3~5となる。

マーシャル諸島観光局

空港から街へ入り、電話局の大きなアンテナを過ぎて次のガソリンスタンドの手前、道路の右側に観光局の看板を見つけることが出来る。営業時間は、平日の午前8時~午後5時(ランチはクローズ)。いろいろな資料を用意してある。日本人スタッフも常駐しているので、日本語での相談も可能。

Marshall Islands Visitors Authority

TEL:625-6482

E-Mail:info@visitmarshallislands.com

http://www.visitmarshallislands.com

郵便局

郵便局は、ウリガ地区のRREスーパーマーケットの隣と、デラップ地区の2ヶ所にある。平日は午前8時30分~正午と午後1時~午後4時まで、土曜日は午後1時~午後4時まで利用できる。

メディア

マジュロにはAMラジオ“V7AB”(1098ch)が1局あり、これは離島でも受信できる。ケーブルテレビは18チャンネルある。テレビは英語での番組がほとんどだが、NHKワールドもリアルタイムで放送されている。新聞は木曜日発売の“The Marshall Islands Journal"がある。

医療サービス

マジュロには80床を持つ近代的な公立病院“Majuro Hospital”(TEL:625-3355/急患625-4144)と、民間の診療所“Majuro Clinic”(TEL:625-6455)がある。

また、潜水病など緊急の場合はクワジェリンの軍施設病院に搬送されることもあるが、その場合はダイビング旅行保険に必ず入っておく必要がある。一般の診察は受け入れていない。

航空会社

コンチネンタルミクロネシア航空のチケットオフィス(TEL:625-3209)は、デラップ地区ペイレス・スーパーマーケットやグアム銀行に隣接している。国内線の手配はエアー・マーシャルアイランド航空(TEL:625-3733)で、オフィスは観光局の向かいの建物。

タクシーとバス

マジュロのタクシーの屋根には日本と同じようなマークが付けられているのでわかりやすい。タクシーは乗合方式で、自分の行きたい方向へ走っている空席のあるタクシーに手を振れば止まってくれる。D.U.D内なら一人50セント。D.U.Dから橋を超えるとしばらくは1米ドル。大使館などのあるロングアイランド地区まで行くと1.5米ドルとなる。ただし、タクシーの料金規定はなく、これの料金は目安なので、料金はドライバーにより異なる。空港から西側の地域へは、基本的にタクシーは行ってくれない。

ローラ村への交通としてダウンタウンからバスがある。片道2ドルでローラまで行くことができるが、時刻表はないので、時間のない観光客にはおすすめしない。

レンタカー

30日以内の滞在であれば、日本の運転免許で運転が可能。スピード制限はDUD内が時速25マイル、教会や学校付近は15マイル。また、島では歩行者優先なので、安全運転に心掛けたい。

マジュロのアクティビティ

美しい島のビーチでリラックスしているだけでも時間を忘れてしまうが、マジュロにはさまざまなツアーを用意しているオペレーターがあり、滞在を楽しむことができる。

マジュロの観光シーズンは、ほぼ通年良い。6月~10月上旬は風も弱く、海も凪ぐ。1月~5月は北東からの貿易風が吹くが、晴れの日が多い。ただし、11月~12月上旬は雨が多く、海が荒れる日もある。

ダイビング

マジュロでのダイビングは、日本人ダイバーの間で人気が急上昇している注目のスポット。海中は、世界でも類を見ない素晴らしい珊瑚礁が広がり、ミクロネシア・ブルーと呼ぶにふさわしい抜群の透明度を誇っている。

外洋でのダイナミックなドリフトダイビング、魚影の濃いパス(水路)でのダイビング、じっくりフィッシュ・ウォッチングを楽しめるラグーン。環礁という海の特徴を活かしたダイビングスポットの数々、ベテランからビギナーまで十分に満足できる。

2010年に、世界遺産登録されたビキニ環礁も、2011年5月からダイビング客の受入れを再開している。

<<ビキニ環礁ダイビング>>

ビキニ政府 Bikini Atoll Dive Tourism (TEL:625-4265/455-2356, FAX:625-3330)

ビキニ政府のダイビングツアー。沈船を見るのに平均50メートル近く潜る必要があり、アドバンスライセンス以上が望ましい。

料金:$4,850/人 12泊13日
ボート代、食事代、17ダイブ込。
要事前予約。2011年11月~4月は催行なし。(2011年4月現在)

Email:saratoga@ntamar.net

シュノーケリング

環礁内にはサンゴから出来た真っ白な美しいビーチがいくつもある。小島でピクニックをしながら、目の前に広がるラグーンをシュノーケリング。浅い海にもサンゴはびっしりとあり、カラフルな魚たちを観察することができる。

マーシャルはサンゴの保護を心掛けているので、サンゴには触れない・壊さないよう十分な注意が必要。

フィッシング

ジギング・キャスティング・ボトムフィッシングも楽しめるが、マジュロでは是非とローリングにチャレンジして欲しい。マーシャル近海は良好な漁場となっており、大きなカジキをヒットするチャンスも多い。

フィッシングチャーター料金は半日250米ドル~。トローリングの場合はプラス50米ドルくらい必要。

カヌーツアー

マーシャルの伝統的なカヌーに乗ってラグーンクルーズ。また、カヌーを作っている場所も見学ができ、説明(英語のみ)など聞くことができる。 濡れても良い格好で参加すること。

島内観光

マジュロの島をぐるりと一周する半日のツアー。ヤシの並木道を走り抜け、車窓の両側に海を眺めることができる、マジュロならではの光景だ。本当に長細い島だと実感することができる。

旅行会社とダイブショップ

エム・ジェー・シー・シー MJCC (TEL:625-3066/Fax:625-3766)

日本人経営で、ホテルやレンタカーの手配、マジュロの案内を含めたランドツアーを行っている。気軽に日本語での問い合わせも可能。マジュロの案内を含めたランドツアーを行っている。
Email:info@mjcc.biz

レイクルー Raycrew, Inc

2011年5月より新ダイビングサービス&現地ツアー会社がオープン。

Web:www.raycrew.jp

Email:info@raycrew.jp

(ウェブサイトオープン及び、メール予約受付は2011年5月末予定、サービスの開始は6月末~7月予定)

インディーズ・トレーダー Indies Trader (TEL:625-3250 内線224(CENPAC))

宿泊施設、キッチンを完備したマリンレジャーボート(8人乗り/16人乗り)のチャーター。離島へのダイビング、フィッシング、サーフィンクルーズ等に利用可。

チャーター料:$3,000~/日

マジュロの観光スポット

ローラビーチ・パーク Laura Beach Park

マジュロ島の西端にあるローラビーチ公園は、ローカルにも人気のピクニック場。海の透明度は抜群で、波のない穏やかな遠浅の海がどこまでも広がる。シャワーやトイレの簡易施設もある。入園料は1人1ドル。

 

アレレ博物館 Alele Museum

マーシャルの文化や歴史に関心があるのなら、アレレ博物館へ。ダウンタウン内にあり、月~金曜日は9:00~正午と13:00~16:00まで開いているが、開館時間内でも閉まっている事があるので、事前に確認をするか、隣接する図書館のスタッフに声をかけるとよい。

 

マジュロ平和公園 Majuro Peace Park

街から空港へ向かい、空港を過ぎてすぐ右手側にマジュロ平和公園が見えてくる。この公園は、日本政府が第二次世界大戦中に太平洋諸島で戦没した人々の慰霊と、この地域の恒久的平和を願って造った記念の公園であり、中央にはマーシャル諸島及びギルバート諸島で亡くなった人々の慰霊のため、日本政府によって建立された「東太平洋戦没者記念碑」がある。

 

タイフーン・モニュメント Typhoon Monument

ローラ地区にあるタイフーン・モニュメント。大正7年11月8日、大型台風が発生し、大被害を被ったマーシャル諸島に、大正天皇が救済し、それを讃えたもの。

 

エネモネ島 Enemanot Island

ダウンタウンからボートで15分の距離にある島。バーベキューのコンロなどがあり、終末にはローカルの人で賑わうピクニックの島。島の前のラグーンはいつも穏やかで、シュノーケリングやシーカヤックにも最適な場所である。施設の利用は無料で、日帰り利用のみ可。(ボート別途手配要)事前に管理会社へ連絡が必要。

P.I.I Tel: 625-3122/3560

キディネン島 Kidenen Island

ダウンタウンからボートで25分の距離にあり、簡易施設がある。無人島の雰囲気を残しながら、便利なキャビン(小屋)が用意されているので、快適に滞在できる。希望であればキャンプでの宿泊も可能。日帰り利用は$30/人。スリーバックアイランドとしても知られる。

Tel:625-3251/Fax:625-3136

Email:journal@ntamar.net

1泊1人 $30(クレジットカード使用不可)

エネコ島 Eneko Island

ダウンタウンからボートで20分の距離にあり、3つのバンガロー、バーベキュー施設、ビーチバレー、カヌー等が楽しめる。日帰り利用は$25/人。

Tel:625-6474/Fax:625-3783,3505

Email:administration@rreinc.com, hotelrr@rreinc.com

1泊1部屋 シングル$35、ダブル$40

往復ボート代$20/人

(クレジットカード使用可)

ビケンドリック島 Bikendrik Island

ドイツ人夫妻が経営するプライベートリゾート。宿泊施設も充実しており、家具は全てオーストリア等からアンティークを仕入れている。こちらでは、マーシャル諸島唯一のコース料理が楽しめる。料理の名門学校ル・コルドン・ブルーで資格を取得した奥様が腕をふるう。贅沢なプライベート時間を過ごしたい人にオススメ。日帰り利用も可能。

Tel:455-0787

1泊$500/1室(朝・昼・夜付き)

ランチツアー:$95

日帰り1日ツアー:$105

(クレジットカード使用不可)

RREシャコ貝養殖所 RRE Clam Farm

ロングアイランド地区にある大シャコ貝の養殖所。数センチの赤ちゃん貝から育てて、世界中の水族館などに輸出している。大きいものになると1メートルほどまで成長している。事前に問い合わせが必要。(TEL:247-2526)

WAMカヌーハウス Canoes of the Marshall Islands (WAM)

工房でカヌーや椅子を作り販売している。なくなりつつあるカヌーの伝統技術を若者に継承して守ろうとしている。

カヌー工房見学:月~金曜日

マーシャル伝統カヌー乗船体験(1時間$20):月~日曜日

要事前予約

Tel:625-6123

魚市場 Fish Market Center

ウリガドックにある日本のODAで立てられた魚市場。毎日新鮮な魚や貝が手に入る。

営業時間:9AM-6PM。日曜定休。

 

タボラー・コプラ工場 Tabolar Copra Processing Plant

マーシャル諸島の主要な産業であるコプラを製品化する工場。離島から運び込まれたコプラからココナッツオイルやココナッツ石鹸を作る過程を見学でき、製品を格安で購入することができる。工場はデラップドック港内にある。

Tel:625-3116

 

マジュロボーリング場 Majuro Bowl

ウリガ地区にあるボーリング場。ローカル客で賑わう。