​​​観光情報

観光情報一覧
 
 

離島

ペリリュー島

ペリリウ島 コロールからロックアイランドを通ってスピードボートで約1時間半から2時間。ペリリュー島はパラオ諸島を囲んでいるリーフの最南端にある小さな島で、太平洋戦争の激戦地のひとつとして知られている。当時使われていた戦車や戦闘機、軍の司令部として使用されていた建物などが激しい戦闘の痕跡とともに残されており、また、あちこちにある洞窟には、犠牲となった兵士が今もなお眠っている。ペリリュー島周辺は主に中上級者向けのダイビングスポットとしても人気が高い。島へは各社が一日ツアーを催行しているほか、島内にも日本人がよく利用するゲストハウスが数軒ある。

 

ペリリュー島の観光スポット

オレンジビーチ

1944年9月15日、アメリカ軍はこの海岸からペリリュー島への上陸を開始した。日本軍は米軍の上陸を阻止するために弾薬の雨を降らせたが、その日のうちに一万五千人の米兵が上陸を敢行した。ビーチのすぐ前には米国陸軍の山猫部隊に捧げられた記念碑がある。

戦争博物館

太平洋戦争中、ぺリリュー島で戦った日米の兵士たちの遺品である衣服や日用品、写真などが展示されている。

戦跡の数々と慰霊碑

壁に生々しい砲弾の跡が残る元海軍司令部塔や、戦車、大砲、防空壕などが島のあちらこちらに当時のまま残されている。また、島内には、犠牲となった兵士たちの慰霊碑がいくつも建てられており、祈りを捧げる人々がここを訪れる。

ペリリューの宿泊施設

ストーリーボードリゾート (TEL 345-1058 / FAX 345-1058)

ビーチフロントに6つのコテージが並ぶこじんまりとしたリゾート。バルコニーから眺める夕景は最高。

ドルフィンベイリゾート (TEL 345-5555 / FAX 345-1058)

ダイブショップ、ペリリューダイバーズを併設するリゾート。日本語対応も可。

アンガウル島

アンガウル島 アンガウル島は、パラオの島々を取り囲むリーフの外側にあり、ペリリュー島の南西約12キロメートルに位置する。アンガウル島もペリリュー島とともに太平洋戦争時にアメリカ軍の上陸戦が行われ、激戦地のひとつとして知られている。またかつてはリン鉱石の採掘も行われていた。島内には慰霊碑や灯台跡、戦闘機などが残されており、静かで平和な島で、こうした史跡や豊かな自然を巡りながらのんびりと散策することができる。

 

アンガウル島の観光スポット

アンガウル州立自然公園(A・N・P)

日本のNPO法人OWSが、アンガウル島全体を州立自然公園に指定し、ボランティアスタッフと島民で協力し合い手作りの自然公園を作ろうという「アンガウル州立自然公園化計画」を州政府に提案したことで作られた州立自然公園。島の自然や歴史、文化を写真パネルで紹介するビジターセンターや宿泊施設、自然観察施設を備えている。

アンガウル島の宿泊施設

レオンゲストハウス/レオンビーチハウス (TEL 680-277-1000またはOWS日本事務所03-5437-2701)
 
オーケーズ モーテル (TEL 277-1006)

アンガウル州立自然公園内にあるゲストハウス。