​​​観光情報

観光情報一覧
 
 

エスピリットサント島

エスプリッツサント島エスピリットサント島、通称「サント島」は、エファテ島の北西約250kmに位置し、面積4,010km2を有するバヌアツ最大の島。人口は約30,000人、島の中心は南東にあるルーガンビルで、第2次世界大戦中はアメリカ軍の前線基地として栄えた。1942年5月にアメリカ軍の基地建設が始まり、一度に10万人の兵士を受け入れる巨大な町となった。実際に、1945年9 月までの約3年間に約50万人以上の兵士がルーガンビルを通過した。町にはカマボコ型の兵舎が並び、5つの飛行場と4つの病院、そして実に40件の映画館があったという。戦争リポーター、ジェームズ・A・ミッチェナー(James A.Michener)が駐屯し、後にミュージカル「南太平洋」(The South Pacific)の基となる「南太平洋物語」(Tales of the South Pacific)を発表した。
戦争が終わり、アメリカ軍が去った後に残ったものはごみの山であった。アメリカ軍は不要になったブルドーザーやクレーン車、フォークリフト、発電機などをルーガンビルの東約10kmの海岸に捨てた。そのごみの価値を見て、地元の人々がミリオンダラーポイントと名付けた。現在では、サント島のダイビングスポットの一つとして知られている。

 

サント島の特徴

サント島の北側にはカンバーランド半島とカサオ半島が2本の角のように突き出ており、その間には、1606年にこの島を訪れたスペイン人の探検家、キロスが三隻のガレオン船で入ってきたビッグ湾がある。彼はこの島を「聖霊の地」を意味するエスピリットサントと名付けた。
サント島は南北が116km、東西59kmで、島の西側にはバヌアツの最高峰、標高1,878mのタブエマサナ山を中心に3つの1,700m級の山々が聳え、さらに北西のカンバーランド半島に向かって1,500m級の山並みが続く未開のジャングル。対照的に南から東にかけては比較的平坦な地形で、ココナッツプランテーションや牛の放牧地帯が広がり、住民の大部分が生活している。
ルーガンビルの気温は夏が最高で30℃、冬が27℃とほとんど差がないが、降雨量は2月が最も多く平均330mmで、乾季の8月は平均80mmほどである。

ルーガンビルへの行き方

ルーガンビルの中心から東へ約5kmにペコア国際空港がある。ブリスベンとシドニーから週1回直行便が運航され、毎日2~3便がポートビラとの間に運航されており、所要時間は1時間。空港から町にはミニバスかタクシーを利用する。ミニバスはVT200、タクシーはVT1000からで、タクシーの場合はメーターが付いていてもほとんど利用していないので、乗る前に料金を確認しておくこと。

島のみどころ

なんと言っても海と山のアクティビティがサント島の一番の魅力であり、トレッキングやバヌアツ屈指のシュノーケリングやダイビングのポイントがルーガンビル周辺だけでも20数箇所を数える。

ルーガンビルマーケット  Luganville Market

町のメインストリートにあり、新鮮な野菜、果物などを販売している。日曜日の夕方から土曜日の午後まで開いている。

ブルーホール  Blue Holes

サント島の東沿いには、数多くのブルーホールが点在する。クリスタルに澄んだ濃紺の湖では、水泳、シュノーケリングが満喫できる。

ロル自然保護地域  Loru Conservation Area

島の東海岸に位置する220エーカーにおよぶ美しいロル公園では、自然の中の散策、コウモリの洞窟、最後の低地潅木群を楽しめる。

シャンパンビーチ

東海岸のホグハーバー地区にあり、椰子の木に囲まれた美しい白砂の海岸。地下から溢れる淡水が泡と一緒に出てくることからシャンパンビーチと呼ばれる。

ロノックビーチ  Lonnoc Beach

ヤシの木がロノックの長く続く白砂の海岸では、近くにあるエレファント島の眺めが美しい。

オーリー湾  Port Orly

村は1887年にカソリックの宣教ミッションにより建てられた。美しい村は島の広葉樹で覆われている。

ヴァース自然保護区  Vatthe Conservation Area

原始動植物で有名な2,300ヘクタールの自然保護区が、ビッグ湾からジョーダン川沿いに海抜449mのウィンボー山まで広がっている。積み重なった平地林が特徴で、野鳥の観測、森林散策が楽しめる。

外洋諸島

島の南部にあるマロ島、アオレ島、ツツバ島、ボキサ島は、ヤシと熱帯雨林に覆われているがダイビング、シュノーケリングの格好の場所であり、ダイブセンターはボキッサエコーアイランドリゾート内にある。

ミレニアム洞窟  Millennium Cave

ルーガンビルから北西に15kmのジャングルの中にある幅20m、高さ50mの洞窟で、まばゆいばかりの鍾乳石や石筍、澄んだ水の滝があり、何千もの小さなコウモリとツバメが棲息する。洞窟探検後は、
渓谷の中の川を泳いで下るトレッキングが楽しめる。

戦争の遺跡

サント島には第2次世界大戦時に10万人の将兵が集まる巨大な米軍基地があった。かまぼこ型兵舎、飛行場、ミリオンダラーポイント(兵器などの廃棄場所)、B17爆撃機の残骸など遺跡めぐりができる。

ビルビル(カストム)村 Vil Vil

伝統的風習と文化が残る村を訪ねるツアーが楽しめる。酋長とダンスによる出迎えが行われる。

アクティビティ 

サント島への日帰りツアーがポートビラから出ているほか、サント島のリゾートやホテル旅行代理店でも独自のツアーを企画している。

●ダイビングとシュノーケリング

サント島にはレックダイブやコーラルダイブに適した場所が多い。ダイビングサ-ビスはアクアマリン(Tel: 36 196)、アランパワーダイブツアーズ(Tel:36822)などがある。またルーガンビルの沖合いのアオレ島とツツバ島、さらに南のマロ島の周りには、ダイビングやシュノーケリングに適したスポットが多い。

プレジデントクーリッジ  President Coolidge

豪華客船クーリッジがルーガンビルのサント港に沈んでおり、世界で最も近づきやすいレックダイブのポイントとして知られる。1942年10月26日、全長200m、幅25m、総トン数22,000トンの客船がアメリカ軍の2つの機雷に接触して沈没した。プレジデントクーリッジはアメリカ軍に徴用されており、それまでに5,000人以上の兵隊を運んでいた。

ミリオンダラーポイント  Million Dollar Point

クーリッジポイントの東約2km、アメリカ軍が数千トンの器材を捨てた場所がある。水深0mから40mまでに、ブルドーザーや飛行機のエンジン、ジープ、トラックなどがある。アメリカ軍はバヌアツを統治しているイギリスやフランス政府に買取りを依頼したが満足な回答が得られなかったことから、撤退後に勝手に使用されることを嫌って、この場所に捨てたものである。浅瀬にも散乱しているので誰でも見ることができる。

シンディーズリーフ Cindy’s reef

アオレ島。リーフ枝珊瑚や大きなテーブル珊瑚などバラエティーにとんだ美しいリーフとトロピカルフィッシュの群れを楽しめる。

チャールズリーフ Chails Reef

ツツバ島。18メートルまでの浅瀬はあらゆる珊瑚と美しいトロピカルフィッシュに囲まれ、40メートルまでドロップオフできる。

ツツバポイント Tutuba Point

ツツバ島。地形が美しく透明度が良い。バラクーダの群れや、ナポレオンなどが見られる。

USSタッカー USS Tucker

クーリッジの沈む3ヶ月前、機雷に当たって沈んだアメリカの駆遂船。マロ島の西、深度約20メートルにある。

ヘンリーボナード  Henry Bonneaud

1989年にレックダイブのために沈められた貨物船で、水深30~40mに横たわっている。いまでは多様な魚の住処であり、ソフトコーラルが美しい。ナイトダイブもできる。

●トレッキング

日帰りでできるミレニアム洞窟ツアーや、2泊3日で村に宿泊して、一般の村の生活を体験し、ミレニアム洞窟や他のトレッキングを3日間行うツアーや、4泊5日でサント島のカスタム村を訪ねるハードなトレッキングツアーもある。

●乗馬

バヌアツ一の大きなベルモル牧場内で3時間かけて、美しいラグーンやビーチ、バニアンの木の森を馬で探索する。

●日帰りツアーと島内巡り

見どころを1日で回る代表的なコースは、ルーガンビルを出発して北24kmほどにある伝統の村ファナフォを訪ね、さらに北に向かってビッグベイに面したマタンタス村までの約30kmを走る。この村は、1606年にスペイン人キロスが上陸して拠点とした場所であり、1980年にはサン
ト島の反乱を鎮圧するためパプアニューギニア軍が砲撃を加えた村でもある。また、バハイ教徒と安息日再臨派が分かれて住んでいることでも知られている。ここから東に約20kmほど走ると、南太平洋で最も美しいといわれるシャンパンビーチに出る。毎年5月から10月にかけては4週毎にクルーズが訪れて数時間停泊し、多くの乗船客が水浴びをしたり日光浴を楽しむ光景が見られる。ここから南に約30km走るとマテブルブルーホールがある。小さな自然の湖は幅が50m、深さ18m、青い絵の具を溶かしたような色をしている。ルーガンビルまでは残り約20km、スランダ村からパリクロ湾を過ぎて大きく右へカーブするとミリオンダラーポイントがあり、ルーガンビル市街まで残り8kmになる。

スランダSurunda

スランダは三日月型をした小さな湾に面した海岸で、この一帯には戦時中のアメリカ軍やニュージーランド軍のキャンプがあった。村を少し北に向かった右手の浜辺に大きな木があり、これに隠れるように古い建物が残っている。1956年に初演されたアメリカのミュージカル「南太平洋」に出てくるブラディー・メアリーは実在の女性で、その舞台となった売春宿が今も残っている。戦時中は丘の上に野戦病院があり、回復した兵士たちが戦場に戻る前に歩いてここを訪れたと伝えられている。ここは私有地であり、見学するにはツアーに参加することになる。スランダからルーガンビルへは内陸を走る近道があり、この途中に戦時中のアメリカ軍放送局跡がある。

 

ホテル


Aore Island Resort

TEL:36 705

FAX:36 703

URL:www.aoreresort.com


Beachfront Resort

TEL:36 881

FAX:36 882

URL:www.TheBeachfrontResort.com
 

Coral Quays Fish & Dive Resort

TEL:36 257

FAX:36 647

URL:www.coralquays.com


Deco Stop Lodge

TEL:36 175

FAX:36 101

URL:www.decostop.com.vu


Hotel Santo

TEL:36 250

FAX:36 749

URL:www.hotelsanto.net


Reef Motel

TEL:37 988

FAX:37 988


Turtle Bay Resort

TEL:37 988

FAX:37 966

URL:www.turtlebayresort.vu


Unity Motel

TEL:36 052

FAX:36 025

URL:www.unityparkmotel.com


Lonnoc Beach Bungalows

TEL:5416456

FAX:36 141

URL:www.lonnocbeachbunglows.com
 

レストラン


Natangora cafe Natangora cafe

TEL:36811


Victoria Café

TEL:+678 37373


Ocean King Cafe & Restaurant

TEL:36929